好奇心手帖

京都の神社で結婚式

こんにちは、ライターの小澤まみです。


私は2020年6月、京都市左京区にある下鴨神社で結婚式を挙げました。

縁があって神前式を選びましたが、『ゼクシィ結婚トレンド調査2021(全国推計値)』によると、神前式は全体の17%で3位(1位はキリスト教式で約半数、2位は人前式で29.4%)。

私は子どもの頃から厳かな式に憧れていたこともあり、神前式を選んで本当に良かったなぁ、と2年経った今も思い出します。

・私たちが式を挙げた下鴨神社は、京都でも1番古い神社とされています。そして、世界遺産。重要文化財に指定されている葵生殿(あおいでん)で式を執り行ったこともあり、格式高く、厳粛な雰囲気でした。その中で響く雅楽の音色は、優雅で神秘的。この時の緊張感は、きっとこの先も忘れることがないと思います。

・神社は参拝客や観光客も訪れます。大切な人たちに「参拝も兼ねて、良かったら見に来て~!」とご祝儀なし、普段着で気兼ねなく来てもらえたのも良かったです。少しですが、お話したり、写真を撮ったりして楽しめました。

・神社での結婚式は、式を挙げただけでは終わりません。思い出の場所に何度も足を運べたり、子どもが産まれたらお宮参りや七五三など、人生の節目にも寄り添ってくれます。1,000年以上も前から存在していて、これから先も潰れることがない神社は、末長い縁を願う儀式にふさわしい場所です。

少しでも神前式を選ぶ方が増えたらいいなと願って、神前式の魅力や結婚式を挙げられる京都の神社を紹介していきます。と同時に、会食場所や引き出物などを扱っている京都のお店もご紹介。自分が結婚式を挙げた時、これらが1つにまとまっているサイトがあれば便利だな、と思っていたからです。

結婚式を挙げた場所が、特別だけど馴染みのある場所になりますように。

コメント