Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
New

新着記事

おすすめ

よくばりナビ

Kyoto

京都好奇心手帖

満たした好奇心

満たした好奇心(~2020.4)

<天保山大観覧車>大阪周遊

大阪周遊パスで大阪を遊び尽くしてきました。

以前ちらっと書きましたが私は観覧車が大好きなので、こちらは絶対外せないと真っ先に候補に入れていました。

1997年に誕生した天保山大観覧車は112.5mで、世界最大級の高さを誇ります。

ちなみに日本で1番はエキスポシティにある123mのレッドホース オオサカホイールです。

オオサカホイールと同じようなシースルーキャビンもあり、こちらは4基しかないため並んでいましたが、通常のキャビンでしたら並ばずにすぐ乗れました。

シースルーキャビンは空中散歩をしている気分になれますが、それまでにかなり歩いた私たちは通常で十分。

ちなみに料金は一緒です。

所要時間15分ですが、常に立ちっぱなし&歩きっぱなしだったため、ちょうど良い休息時間になりました。

何せ歩くのが苦ではなく、どこまでも歩いてしまうので、こうやって強制的にでもゆっくりする時間が持てて良かったです。

もちろん観覧車ならではの楽しみも満喫してきました。

ぐるっと一望できる空の旅。

生駒山や六甲山を眺めたり、天保山を見下ろしたり、各々好きな時間を過ごしました。

さっきまでサンタマリアでクルーズした海を、今度は夕日をバックに眺めた時が1番印象に残っています。

降りてからも楽しみが待っていました。

平成27年から観覧車としては世界初のライトアップ演出「大観覧車・光のアート」が開始されました。

これはLED照明による間接光と直接光を組み合わせていて、天気予報や時刻を表示したり、色鮮やかなアートが見ている人も幸せな気持ちにさせてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「なんとなくこんな景色だろうな」と想像できますが、乗ってみないとわからない。

また、何度乗っても時期や時間帯によって全然違う景色が見られます。

そして頂上に近付くとソワソワしてしまうのは私だけではないはず。

私が観覧車好きの理由の1つが、このソワソワなのかもしれません。

<天保山大観覧車>

住所:港区海岸通1-1-10

時間:10:00~22:00(チケット最終販売及び乗車受付30分前)

定休日:1/8.9

アクセス:Osaka Metro中央線「大阪港駅」より徒歩約5分

HP:http://www.senyo.co.jp/tempozan/index.html

コメント