Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
New

新着記事

おすすめ

よくばりナビ

Kyoto

京都好奇心手帖

満たした好奇心

満たした好奇心(~2020.4)

<酒井雄哉>一日一生

比叡山の千日回峰行を2度も万行されたとんでもないすごいお方ですが、選ぶらず軽い語り口で読みやすかったです。

ちなみにどれくらいすごいかといえば、千日回峰行を知ればわかると思います。

千日回峰行とは天台宗独特の修行法です。

約7年かけて比叡山中を1,000日間、白装束に草履という出で立ちで回峰巡拝して、700日の回峰を終えると「堂入り」という行が課せられます。

この「堂入り」がものすごく過酷で、不動堂に9日間こもり、断食、断水、不眠、不臥(ふが)で不動明王の真言を10満開唱えるのです。

この行を2度も成し遂げた人は400年でたったの3人しかいません。

しかも最高齢。

もうすごさはわかってくださったと思いますが、さらに行を挫折したら自害するという覚悟を持って臨まなくてはいけないのです。

「不退行(ふたいぎょう)」と言っていったん行に入ったら、途中でやめることは許されないため、首つり用の日もや自害用の短刀、三途の川を渡る時に六文銭などを持参しています。

とにかくすごいのですが文章は謙虚で優しくて、すっと心に入ってきます。

2度の千日回峰行を成し遂げたというのに、大層なことじゃない、行が終わっても何も変わらないと言っちゃってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その方の教え、”一日一生”。

今が1番大切だということ。

ちなみに比叡山では、修行体験や千日回峰行の一端を体験できる一日回峰もあるそうです。

私は1日でも自信がありませんが…

コメント