Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
New

新着記事

おすすめ

よくばりナビ

Kyoto

京都好奇心手帖

満たした好奇心

満たした好奇心(~2020.4)

知られざる〝ストレス解消法〟を実感。

自粛中ということもあり家にいる時間が長いのですが、思っていたほどストレスを感じません。
むしろ減った気さえします。

それはたぶん、以前ご紹介した齋藤薫さんの『〝一生美人〟力』に書かれていたストレス解消法のおかげかと思っています。
「片付けないと…」「あの人に連絡しないと…」「溜まっている録画を見ないと…」という〝後ろめたさ〟は誰にだってありますよね。
それを引っ張り出して解決するだけ。

「なんだそんなこと!?」と思いますが、これが結構できなくて蓄積され、大きなストレスになってしまっているのです。
それを1つでも片付けるとストレスがすとんと減ります。
本当にすとん、と。
繰り返すことで、自分でも気付かないうちに溜まっていたストレスの激減ぶりを感じることができました。

ここ数年出ずっぱりだったこともあり、家の中での〝後ろめたさ〟が溜まっていることはわかっていましたが…1つ2つと減らしていくことで気持ちが軽くなり、さらにやる気が出るという好循環!

掃除や断捨離、試験勉強はもちろん、HPをリニューアルしたり冷蔵庫や洗濯機の掃除、冬物の片付けにスニーカーを洗ったりなどなど。
すぐにできるものから、なかなかエネルギーがいるものまで気になっていたことは全てやりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はこの外出自粛期間を「退屈だった」で絶対に終わらせたくないと考えています。
きっとこれ以上ない自分と向き合える時間だからです。

いつの間にかやらなきゃ…になっていましたが、溜まっている録画も見たかったから録画したわけで、掃除も気持ちよく過ごしたいからするわけで、〝後ろめたさ〟=やりたいことでもあると実感しています。

同じく本に書かれていましたが、面倒くさいや億劫という気持ちが重なると、生きていくことまで面倒になってしまうそうです。
大袈裟ではなく、このストレス解消法は人生をも変えると思っています。
まずは1つ、〝後ろめたさ〟を取り除きませんか?

コメント