Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
New

新着記事

おすすめ

よくばりナビ

Kyoto

京都好奇心手帖

満たした好奇心

満たした好奇心(~2020.4)

<宙組・オーシャンズ11>阪急沿線宝塚観劇

いつも元気をもらえる宝塚歌劇。

どの組も大好きで観劇しているので、#阪急沿線宝塚歌劇を忘備録も兼ねて書いていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大好きだった映画「オーシャンズ11」。

2011年に宙組で世界で初めてミュージカル化され、2013年には花組で再演されましたが、私は観劇するのは初めて。

映画ファンとして楽しみにしていましたが、2011年の新人公演を観劇された方はさらに楽しめたのではないでしょうか。

なんと、当時主人公のダニー・オーシャンを演じた宙組トップスターの真風涼帆さんと親友ラスティーを演じた芹香斗亜さんが、満を持して同役に挑戦しているからです。

舞台はラスベガス。

天才詐欺師ダニーは11人の仲間を集めてホテル王・テリー・ベネディクト(桜木みなとさん)を出し抜いてカジノの収益金を奪ってしまうというとんでもない計画を立てたのです。

こんな大胆不敵な計画を立てたのにはベネディクトに一泡吹かせるだけでなく、ダニーの妻でありベネディクトの恋人と言われているテス(星風まどかさん)の心を取り戻すため。

さて、並大抵でないセキュリティーなど数々の困難をくぐり抜けて成功させることができるのか!?

宝塚歌劇ならではで、すごく面白かったです!

色気もあってかっこいいオーシャンズ11。

映画ファンも絶対に楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎年楽しみにしているのがお披露目公演。

一列に並んだ紋付に緑の袴の初舞台生全員のうち、2~3名が代表として挨拶をすることを口上と言いますが、この口上を見ると背筋がぴんと伸びる感じがするので大好きなんです。

これから頑張ってねと思うと同時に、こちらまで頑張らなくてはと思わせてくれます。

宝塚歌劇の春を彩る風物詩を今年も見れて良かったです。

<宙組>

ミュージカル:オーシャンズ11

期間:2019.4.19~5.27

HP:https://kageki.hankyu.co.jp/


コメント