Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
New

新着記事

おすすめ

よくばりナビ

Kyoto

京都好奇心手帖

満たした好奇心

満たした好奇心(~2020.4)

<服部天神宮>阪急沿線合格祈願

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<服部天神宮>

住所:大阪府豊中市服部元町1-2-17

アクセス:阪急宝塚線 服部天神駅より3分

HP:http://www.apsara.ne.jp/hattori-tenjingu/index.html


阪急沿線 三天神をご存知ですか?

長岡天満宮、服部天神宮、松山神社を合わせてそう呼ぶそうです。

詳しくはこちらを読んでいただけたらと思いますが、三社でお参りすると第一社で「携帯用朱印帳」、第二社で「合格鉛筆」、最後の神社で「合格祈願鉢巻」が授与されます(朱印料は300円)。

受験生の方だけでなく、試験を控えていらっしゃる方も#阪急沿線合格祈願をしてみませんか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足の神様として有名な服部天神宮は、菅原道真とも縁があります。

道真公が持病の脚気に悩まされて動けなかった時、服部天神宮をすすめられて祈願したところ、痛みや浮腫みが治り、無事に目的地に着くことができたそうです。

道真公が太宰府で亡くなったあと、道真公を神として尊崇する天神信仰が広がり、服部天神宮として造営して「脚気天神」や「足の神様」と呼ばれるようになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

面白いなと思ったのが「服部」の由来。

朝鮮から機織りの技術を伝えた人々に「秦氏(はたうじ)」の姓名を与えられました。

秦氏の人々が住むところなので「機織部(はたおりべ)」が「服部」になったとか。

もしかしたら服部天神駅は「機織駅」に、服部天神宮は「機織天神宮」になっていたかもしれません。

これはこれできれいな名前ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、境内には「豊中えびす神社」も祀られています。

こちらも面白くて、「足の守護」は「おあし(お金)の守護」に通ずるとかで、今ではえびす祭りに商売繁盛を祈願する方が35万人を超えたそうです。

足の神様なのにどうしてえべっさん?という謎が解明されました。

コメント