Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
New

新着記事

おすすめ

よくばりナビ

Kyoto

京都好奇心手帖

満たした好奇心

満たした好奇心(~2020.4)

『ハンサムな彼女』吉住渉

りぼんっ子だった私。りぼんと共に育ち、好きな作品がたくさんありますが、その中でも特に好きな作品です。

中学3年生の未央を取り巻く華やかな芸能界や、子供とは思えない大人顔負けの恋愛。
中学生ということに未だに驚くけれど、当時小学生だった私にはとても魅力的な世界でした。

とにかく未央が大人っぽくて、オシャレで可愛い!
中学生になるとみんな未央みたいになると思っていたのは、私だけではないはず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私がこの作品を好きな理由は〝ハンサム〟という言葉を女性に使い、尚且つタイトルにしたところです。
今でこそ女性にも使いますが、一般的に男性に使うことが多く、あの当時は特に珍しかったのではないでしょうか。
だからこそ、今でもタイトルや未央の恋人である一哉が言った〝ハンサムな彼女〟の意味を覚えているのだと思います。

「クールで 知的で 毅然とした そんな感じかな 最高の褒め言葉だと思うよ」

このセリフ大好き!

大人になって読み返すと、女性を人として尊重している言葉だと気が付きました。
まだまだ男尊女卑が根強く残っていますが、このセリフを男性である一哉に言わせたのがすごい。

初めて読んだ小学生の頃からずっと〝ハンサムな彼女〟に憧れていて、今でも影響を受けています。

ドラマでも小説でもなんでも、自分で自分の人生を切り開く女性の話が好き。
私も自分で自分の人生を切り開いていきたいから。
理想像がブレていないのは『ハンサムな彼女』のおかげです。

一哉みたいにこのセリフをサラッと言えちゃう男性が増えたらいいなぁ。

コメント