Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
New

新着記事

おすすめ

よくばりナビ

Kyoto

京都好奇心手帖

満たした好奇心

満たした好奇心(~2020.4)

<イルミナイト万博2019>阪急沿線TOKK日記

TOKKを見て、かきたてられた好奇心を満たしてきた#阪急沿線TOKK日記

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今まで何度か行ったことがありますが、毎回頭が痛くなるくらい寒かったので、かなり防寒していきました。

ですが風もなく、そんなに寒くなかったのでたくさん写真を撮ったり、パフォーマンスの方の演出を見たり、ラーメンEXPOを心穏やかにのぞくことができて良かったです。

今年は太陽の塔の裏側をプロジェクションアートされていて、ゲートをくぐるとそこにはいつもの太陽の塔が。

太陽の広場やその周りはライトアップされていて、見るのも歩くのも楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光のアートはどんな感じかなと裏側に行くと、不思議な模様がいっぱい映し出されていました。

「永遠の万華鏡」がテーマで、毎秒ごとに色々な模様を見せてくれます。

それもそのはず100万枚に及ぶデジタル画像がゆっくりと変わり、偶然の連続で創られているので、二度と同じ模様を見ることができないからだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まさに一期一会。

もっとハッキリとした色使いだと思っていましたが、薄めでどの色も優しく感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は観覧車に乗るのも見るのも大好きなのですが、この時期は赤、緑、黄色などのカラーで点灯されていて、クリスマス気分を存分に味わえます。

得に緑がきれいでツリーみたいでした。

タイミングが難しくて2枚しか取れなかったのが悔しい…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

訪れるイベントによって全然違う顔を見せてくれる万博記念公園が大好き。

いつもは閉まっている夜に遊べるなんて…!

ワクワクが止まりませんでした。

もう1つ嬉しい経験をしたので、またご紹介させていただきます(来年)。

<イルミナイト万博2019>

住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1

時間:各日 日没から21時(入園は20時30分まで)

期間:2019.12.6~2019.12.22の金曜日、土曜日、日曜日

   2019.12.24~2019.12.29

アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩5分
     阪急電車で来られる場合の乗り換え駅
       阪急京都線「南茨木駅」
       阪急宝塚線「蛍池駅」
       阪急千里線「山田駅」

HP:https://www.expo70-park.jp/event/34730/

コメント