好奇心手帖

【エレベーター難民】好奇心を取り戻したい

こんにちは、ライターの小澤まみです。


元々、好奇心旺盛で、あっちもこっちも行ってみたくなる性分でした。

私と一緒に出かけた人はびっくりすると思うけど、とにかくよく歩く。

せっかく出かけたんだから、いろいろ行きたくて、万歩計がすごいことになっています。疲労感もすごいけど。

ただ、ベビーカーで行動するようになって、諦める癖がついてしまいました。

場所にもよりますが、エレベーターがなかなか見つからなくて、探し回ってウロウロ。めっちゃ歩くこともあるので、初めての場所は事前に知らべることがマスト。

さらに、エレベーターがあってもなかなか来ない、人が多い場合は気を遣い、エレベーター疲れしてしまうんです。

抱っこ紐で抱っこしてても、ベビーカーがあれば、結局エレベーターを利用しないといけないし。

こういうこともあって、他の階が気になっても、「もういいかな…」と思うようになってしまったんです。

気になったものは、何でも行っていた自分が懐かしい。

今はネットで何でも買えますが、本当は直接手に取ったり、見たりしたいんですよね…

だから最近は、ショッピングセンターをよく利用するようになりました。

ベビーカーだと、高さがある建物より、横に長い建物の方がずっと行きやすくて。

今まで苦手だったフードコートは、率先していく場所に。小上がりは、本当にありがたい。周りが子連れだと安心するんです。

1番行きたい場所は、エレベーター疲れで行きづらいですが、娘が小さいからこそ楽しめる場所で、今ならではの好奇心を満たそう。

コメント