好奇心手帖

【静岡/家山、徳山】ソメイヨシノとしだれ桜のトンネル

こんにちは、ライターの小澤まみです。


静岡県内で人気の高いお花見スポット、「家山の桜トンネル」。大井川鐡道 大井川本線「家山駅」から徒歩15分。国道473号線の途中にあります。

道路の両端には、約280本ものソメイヨシノが植えられています。3月下旬~4月上旬、一斉に咲き乱れる景色は、まさに「桜のトンネル」。その長さは、なんと約1Km!300台とめられる無料駐車場もありますが、車で走り抜けるのもおすすめです。

道路のすぐそばを走っているのは大井川鐡道。大井川鐡道といえばSL!SLが走っていく姿を見るのも、SLに乗って車窓からお花見するのも、どちらも風情がありますねぇ。

桜の時期。電車に乗っていて、開いた窓から桜の花びらが入ってくる瞬間が、何とも言えず好きなんです。来年はお弁当を用意して、電車内でお花見をしてみたいなぁ。

私が訪れた4月2日(土)は、散り始めていて、葉っぱが目立っていました。でも葉桜は葉桜で、本当にきれい。晴天でも、雨でも、曇り空でも。どんな天気でも桜は似合うし美しい。

大井川にかかっている橋を見ると、鯉のぼりが。桜と鯉のぼり、春の風物詩を欲張れました。

次は北上して、『さくらの里 徳山』へ。ここは、穴場スポットして紹介してもらいました。本当に穴場で、でもあまりにも良かったのでご紹介。

大井川鐡道 大井川本線「駿河徳山駅」から徒歩10分。私はこの駅で踏切待ちをしている時、SLを見ることができました。SLと桜、たまりません…!

「さくらの里」と付くだけあって、ソメイヨシノが約300本、しだれ桜が50本植えられています。家山より標高が高いこともあり、桜が満開。特に川根高校のグランド横のしだれ桜は見事で、言葉にならなかったです。濃いピンク色の桜は、まさにカーテン。差し出してくれている枝の下に入ると、守られているみたいでホッとしました。なんて美しいんやろう。ただただ、出会えてよかった。

加工を一切していなくて、この美しさ。近くのものを撮るのは恐ろしく下手ですが…景色を撮るのは大好き。

穴場は穴場のままにしたいけど、でもみんなに見てもらいたいという葛藤。

コメント