好奇心手帖

【えび天丼】好きなもの、先に食べる?あとで食べる?

こんにちは、ライターの小澤まみです。


またまた、「京都ライター塾」の同期のじゅうろうじしょうこさんとのやり取りから。

前にブログでも書きましたが、私は夏休みの宿題みたいに「今やっといたら、あとで楽になる」って考えをずっと持っていて。

そう、楽しみを後回しにしがちなんです。

これは好きな食べ物にも通じていると、しょうこさんとのやり取りで気が付きました。


私、好きな食べ物をあとで食べるタイプなんです。楽しみを最後にとっておきたい。好きなもので締めたい。

でもある時、「それだと誰かに取られたり、腐るで」と言われてハッとしました。

腐るまでいかなくても、冷めたり、常温で温まってしまうこともありますよね。

出来立てが1番おいしいはずなのに、そのおいしさを逃していたな…と。

しょうこさんとのやり取りは、「この我慢癖のせいで、今まで損していたのか…」と後悔しながらも、弟のことを思い出させてくれました。

弟は好きなものから食べます。真っ先に。きっと子どもの頃、私が弟の分も奪っていたので、身に付いたのかもしれません。

で、食べちゃっても、家族や他の誰かからもらっていたんです。食べても減らない、という。


以前、家族やみんなで、京都のとある料亭で食事をしたことがあって。

その時、えびの天ぷらが出てきて、えび好きの弟は真っ先に食べていたんです。

自分のえびの天ぷらはなくなりましたが、当たり前のように他の人からもえびの天ぷらをもらっていて。お皿がえびの天ぷらだらけに。

そしたら、こともあろうにお店の人に無理を言って、そのえびの天ぷらで、えび天丼にしてもらったんです。

「どうなんそれ?めっちゃ迷惑やん」と思いましたが、ものすごくおいしそうでした。

弟曰く、出汁がきいていて、今まで食べたえび天丼の中で1番だったそう。


弟は好きなものを先に食べたけど、なくなるどころか何倍にもなって返ってきて。さらに料亭のえび天丼に変身。

好きなものや楽しみを先に味わうと、あとからもっと嬉しいことがくるのかもしれません。

そして、好きなものを好き!と周知させるのも大事。いくら弟がえびが好きでも、言わなければ、周りが知らなければ、弟の元にえびが集まってくることはなかったと思うので。


私は長女なので、誰かに取られる心配もなく、ゆっくり好きなものを食べていましたが…

でももっと深く考えたら、食べ物に限らず、例えばいつか行きたいと思っているお店も、早く行かないと閉店してしまうかもしれない。食べたいと思っているメニューも、急に変更されてなくなってしまうかもしれない。

遠慮せず、幸せの先取りをやっていこう。

コメント