好奇心手帖

【住人十色】DIYへの憧れから気付いたこと

こんにちは、ライターの小澤まみです。



何度かこのブログでも紹介している「住人十色」。

毎日放送で 毎週土曜日の17時~30分間 (関西)放送されている番組です。

家とそこに住む主(あるじ)を紹介していて、家や間取りはもちろん、インテリアや収納方法、主たちの暮らしを垣間見ることができます。

どのようにして今の家を作り上げていったのか。居心地よく暮らすための工夫などを知るたびに、主たちの家への愛を感じる、大好きな番組。

さらに、家の購入価格やリフォーム代も教えてくれるという。価格に対して、「意外と高い」とか「思ったより安い」とコメントするMCもなかなかで。他では、あまりない番組なんじゃないかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大阪に住んでいたときは、予定がなければ見る、というスタンスでしたが、静岡では日曜日の6時15分~始まるので、なかなか見れなくて。

それなら録画して見たらいいやん!といまさらながら気付いて、毎週録画予約をすることに。

毎週欠かさず見るようになったら、「住人十色」への愛がより増してきました。



特に好きなのが、DIY!

「これも作ったん!?」と感動したり、「真似したーい!」と調べたり。

素人でも簡単にできそうなものも紹介してくれるので、毎回やってみたくなるんです。

ただ、10年ほど「DIYやりたい!」と言っていて、気付いたことが。

この10年、1度もDIYをしていないということに…!

あんなに「やりたい!」「これならできそう!」と言っているのに。

それで思ったのが、やりたいと言ってるけど、そこまでやりたくはないのかも。

本当にやりたかったら、絶対やってるんで。

確かに毎回感動するし、やりたいと思ってるんですが…でもやっていない。

やりたいけど怖い、不安という気持ちがあったとしても、やりたかったら絶対、この10年の間に何かしらしているはず。



これはDIYに限らず、他のこともそうで。

やりたいけど、できていないことがいっぱいありますが、実はやりたくないんだと思います。

やらなくても、今まで困らなかったし。

DIYへの憧れから、深い気付きがあった日曜日でした。

コメント