好奇心手帖

【兵庫/城崎温泉】新婚旅行、誕生日祝い、思い出巡り。詰め込みまくった1泊2日

こんにちは、ライターの小澤まみです。

先週末、兵庫県豊岡市にある城崎温泉に宿泊してきました。


1300年の歴史がある温泉のまち、城崎温泉。「まち全体が大きな温泉宿」という考え方根付いていて、奈良時代から愛され続けています。浴衣に着替えて、7つの外湯を巡るのも楽しみの1つ。浴衣でそぞろ歩きも絵になるので、歩いて温泉のはしごを!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2020年に結婚した私たち夫婦。元々、新婚旅行は国内で贅沢、のんびり!を掲げていました。

友人の多くが海外旅行を選択する中、私たちが選んだのは、城崎ともう1ヵ所(こちらは子どもNGのため、ずっと先までお預け)。

観光地として有名は城崎温泉ですが、祖父母の家が割と近く、何度も来ていたので、あまり観光地という感じがしなくて。私にとっては、馴染みの場所。

それなのに、城崎温泉を選んだ理由は、『西村屋本館』に宿泊するためです。

温泉街の中ほどにある『西村屋本館』は、創業160年の老舗旅館。素敵な旅館なので、また改めて記事にしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『西村屋本館』には、今は亡き祖母との思い出が詰まっていて、また行きたいとずっと思っていたんです。

祖母がなくなる1年ほど前、祖母と母と3人で宿泊したことがあって。

その時、祖母はあまり体調が良くなく、食欲もないからすごく痩せて心配していました。

事前に食事の量を減らしていただけるようお願いしていましたが、きっと食べれないだろうと思っていたら…夜ごはんも朝ごはんも、きれいに完食。

今まで全然食べなかったのに。

その後は食欲も戻り、亡くなるまで、自分で食事を作って食べるくらい、元気になりました。

人はどんな時も、おいしいものだと食べれるし、おいしい食事は生きる活力になるんだと思った出来事。食事の力ってすごいなぁ。

だから、新婚旅行を国内で、と決めた時、真っ先に『西村屋本館』を挙げたんです。

コロナの影響、結婚してすぐに妊娠がわかったこともあり、なかなか行けずじまいでしたが…ようやく行けることになったので、目一杯やりたいことを詰め込みました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せっかく行くんだから、娘の1歳の誕生日も祝おうと、誕生日当日を予約。事前にお伝えしていたので、お赤飯を用意してくださり、たくさんの方に「おめでとう」と言ってもらえて、こっちまで嬉しくなりました。

最近の娘は、私の抱っこじゃないとぐずつきがちでしたが、この1泊2日は全然で。終始ご機嫌で、楽しそうにしていました。

『西村屋本館』が手掛けたホテル『西村屋ホテル招月庭(しょうげつてい)』が近くになり、『西村屋本館』に宿泊したら、『招月庭』の温泉にも入ることができます。

『招月庭』の露天風呂が大好きなので、チェックイン後、まずはこちらの温泉へ。歩いても行けますが、ハイヤーを用意してくれます。雪見風呂を堪能。

食後は『西村屋本館』の大浴場。次の日は朝早く起きて『西村屋本館』の別棟、「平田館」のお風呂。食後はまた大浴場へ。4回温泉に浸かれたので大満足!


お土産に悩んだら、日本酒「香澄鶴(自信or誇り)」を!スーパーで、パック入りを買うのがおすすめ。私は授乳中のため飲めませんが、のんべえの実家に「これだけは絶対買ってきて」とリクエストされるくらい、おいしいお酒です。う~飲みたい…!

無事お土産をゲットして向かったのは、本格手打ちの出石蕎麦がいただける「善店(よいみせ)。地元民が並んででも食べます。皿蕎麦が有名ですが、私の家系はみんな「ぶっかけ梅おろしそば」が好き。この日も迷わず梅をオーダー。お店の方もみんな優しくて、大好きなお店。出石蕎麦なら、迷わずここ!

旅の最後は、祖父母の家。もう別の誰かが住んでいるので、正確には祖父母の家ではありませんが…車で前をさーっと通り過ぎるだけでもいいので、もう1度見たかったのです(あやしいけど)。家を見ると、いろいろと思い出してさみしくなりましたが…空き家のままの方がさみしいので。


行きたかったところ、食べたかったもの、やりたかったこと。全部叶った1泊2日でした。来年もまた、『西村屋本館』に宿泊したいなぁ。

コメント