好奇心手帖

【腰痛予防】理科の先生の教え

こんにちは、ライターの小澤まみです。


前々から夫が、腰に違和感があると言っていて。先週末、とうとう我慢できずに整骨院へ。

丁寧に問診してもらえ、長時間座っていたり、重いものをもったり、娘を抱っこしたりが原因と判明。

さらに、ぎっくり腰にもなりかけているそうで…

施術してもらい、だいぶ良くなって安心しました。

治療後のセルフケアの方法も教えてもらったみたいなので、ちゃんと実践して、早く良くなることを祈るばかりです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

思えば私は、妊娠中も含め、腰痛に悩まされたことがありません。

妊娠中は、ワコールの腰ベルトや腹巻のおかげもあるかもしれませんが。


腰痛予防として、中学生の時から気を付けていることがあるからかな、と思っています。

それは、理科の先生が教えてくれたこちら。

「下にあるものを持ちあげる時、腰だけでなく、膝も曲げて持ち上げる。重いもの、軽いものに関わらず」

たったこれだけ。これだけですが、今まで腰痛に悩まされたことがないので、効果があるんだと思います。


先生はことあるごとに、口を酸っぱくして言っていて。

だから、テストに必要なことは全然覚えていませんが、この腰痛予防だけはしっかり覚えていました。

腰痛で悩んでいる夫を見ていると、ちゃんと実践してきて本当に良かった。

私まで腰痛になったら、娘の面倒を見れないですし…何より痛いの嫌だし。

勉強よりも大切なことを教えてくれた先生に、心から感謝。

コメント