好奇心手帖

ユースキンは子育ても助けてくれる

こんにちは、ライターの小澤まみです。


以前、娘をずっと抱っこしていて腱鞘炎になった話を書きましたが、その時に助けてくれたアイテムの1つがユースキンでした。

腱鞘炎で違和感があった指が、ユースキンを塗ると曲がりやすくて!

血行を促進する成分と、保温と柔軟性を回復する成分が入っているおかげかも。

私は特に手荒れで悩んだりしませんが…あかぎれができて辛そうだった母の手が、半日でマシになったのもあって、腱鞘炎は治ったものの、今もずっと愛用しています。

そんなユースキン。どうしたわけか、娘はあの容器が大好きで(年齢問わず使えますが、まだ娘に塗ったことはありません)。

生後3~4ヶ月頃から容器を見ると喜んで、自分で持てるようになってからは、どのおもちゃよりも大好き。

持って眺めたり、床にぶつけたり、ずっと1人で楽しんでいます。

おもちゃをいっぱい並べていても、ユースキンに一目散。

他のおもちゃがテレビ台の下に転がっても何も言わないのに、ユースキンだと取ってほしいと怒ります。

泣いた時や機嫌が悪い時にユースキンを見せたら笑顔になるので、ほんと助かる。

おもちゃの中では、きりんのぬいぐるみと、きりんのソフィーが好きな娘。

だから、ユースキンのオレンジと黄色の配色が良いのかなぁ。

あまりにも大好きなので、中身がなくなったユースキンをプレゼントしました。

ますますユースキン信者になったのは、言うまでもありません!

娘だけかもしれませんが…子育てにユースキン。

コメント