好奇心手帖

理想の母親像から気付けたこと

こんにちは、ライターの小澤まみです。


高校生の時、友人が「お母さんにはずっと笑っていてほしい。愚痴とか聞きたくない」と言っていて。

「わかるー!ずっと機嫌よくいてほしいよね!!」と話したのを、いまだに覚えています。

母の機嫌次第で晩ご飯のメニューが変わったり、お菓子のストックがなくなったりする、というのもありますが…

母が笑顔だと、家の中が明るくなるからです。

父はよく不機嫌になったりしますが、「めんどくさいなぁ」くらいにしか思わなくて。

ですが、母親は別。母の機嫌が悪いと、「何で怒ってるん!?」と責めた時もあります。

友人とも話していましたが、母には”いつでも明るく元気なお母さん”であってほしいんです。

今思えば、無理難題を押し付けていたなと反省しますが…

それでもやっぱり、母には笑顔でいてほしいと思ってしまいます。

今まで読んできたマンガやドラマの影響を受けているからかな。

いつも笑顔でご機嫌、家事は完璧、どんな時も味方で、いつでも相談に乗ってくれる。家族の中心、おしゃれで明るい。

どんなマンガやドラマを見てきたんやろ…

実際、自分が母になってできてるかと問われたら、全然なんですが…

それでも求めてしまうのは、理想の母親像というものを、母に期待しているからかもしれません。

普段は人に対して、あまり期待しないようにしています。

「〇〇してくれるはず」と望んでも、思い通りにやってもらえるとは限らないし。

そもそも、そういう考え方自体が自分のエゴなので。

が、母に対してものすごく期待していることがわかりました。

だから、母が自分の理想と違う行動をしたら(愚痴ったり、何か失敗したら)、感情的になってしまうんですね…

思いがけず、母へのイライラの理由がわかってすっきり。

母への理想の母親像を手放さないと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント