好奇心手帖

子育てで孤独を感じない理由

こんにちは、ライターの小澤まみです。


最近ふと、そういえば子育てで寂しいと思ったり、孤独を感じないと気付きまして。

元々寂しがり屋でなく、1人が好きというのもあるかもしれませんが…

地元大阪から離れて、今住んでいる静岡には友達も知り合いもいない。

と聞くと、「大丈夫?」と心配されたりもしますが、結構平気で。

ただ、夫の実家に行った時は、自分の家族に会いたくてたまらなくなります。

近くに住む妹さん親子が週5で来ていたり、旦那さんの分の晩ご飯を持って帰ったりしているのを見た時は…猛烈に実家に帰りたくなるんです…

これは、羨ましいという気持ちが強いんだと思います。

だから、夫の実家に行った時は、夫に申し訳ないくらい当たってしまって…

だって「私も実家に甘えたい!」「晩ご飯とか持って帰りたい!」って、なっちゃいますもん。

それとは別で、地元に戻りたいという気持ちはあって。でもこれは寂しいからとかではなく、地元関西が大好きだから。

どうして子育てで寂しいと思ったり、孤独を感じないんだろうと考えると、江角悠子さんの京都ライター塾に参加してたからでした。

約3か月間、3週間に1度オンライン上で会って勉強するのは、普段家族としか接しない私には刺激たっぷりで!

課題の「毎日、何かしら発信の練習を!」は忙しくて、子育てで悩む暇がなかったんだと思います。

まだ娘が7ヵ月の時に参加しましたが…ずりばいやつかまり立ちをするようになった今、さらにパソコンに向かうのが大変で!あの時に参加して良かったです。


1月からは江角さんのオンラインサロンに入って、さらに多くの人と出会うことができました。

オンライン上とはいえ、「江角さん」「書くことが好き」という価値観で繋がれて嬉しい。

京都ライター塾もオンラインサロンも、子育てが不安で参加したわけではなかったのですが、思いがけず心の支えになってくれています。

離れていても、職業が違っても繋がれたことに感謝。良い時代に生まれたなぁ。

コメント