好奇心手帖

『キッズパーク』体を動かしたい子、集まれ~!

こんにちは、ライターの小澤まみです。


今年やりたいことの1つ、娘と思いっきり遊べる場所にいっぱい行く!を叶えるため、『りもりも しずおか』に続き、『キッズパーク』へ。

『キッズパーク』は、2016年に蓮華寺池公園に誕生しました。

”スポーツ”と”運動づくり”に特化した子育て支援施設、「れんげじスマイルホール」にある、2つのゾーンを合わせた名称です。

遊びから様々な発育を促進する「プレイゾーン」。

運動あそびを通して心身の能力を育てる「スポーツゾーン」。

赤ちゃんの頃からスポーツに親しむことで、子ども達の果てしない能力を引き出してくれるそう。

運動音痴の私は、自分が子どもの頃に連れて来てほしかった…と思ったり。

とは言え、球技以外の運動は好きなので、娘にも楽しさを伝えたくて。

この日は「プレイゾーン」で遊んできました。

プレイゾーンには広場が2ヶ所あります。

2歳以下対象の「ちびっこ広場」、0歳~小学生までが楽しめる「わんぱく広場」。

どちらも特別に区切られているわけではないので、自由に行き来ができます。


まずは、2歳以下対象の「ちびっこ広場」へ。

「さわる」「ずりばい」「ハイハイ」「つかむ」「つかまり立ち」「歩く」「のぼる」「すべる」など、子どもの発育に合わせて選べるおもちゃがいっぱい!

どれで遊ぶかな~とワクワクしていましたが…娘は『りもりも しずおか』同様、場所見知りか?あまり動かず。

おもちゃを渡すと遊んでくれましたが、笑顔はなし。

あまりにも動かないので、抱っこして「わんぱく広場」へ。

抱っこしたままトランポリンや滑り台を滑ったりしましたが、結局笑顔は見られませんでした。

家では活発なんですが…初めてだし、人がいっぱいいたから怖かったのかな。

ただ、親も一緒に遊べるし、いなくなってしまう可能性が低いので、安心して遊ばせられます。

ネット遊具、ボルダリング、子どもエレベーター、ワイドスライダーなどなど、大人も体を動かしたくなる!

滑り台は傾斜がきつく、結構怖かったです。普通に滑っている子どもたち、すごい…

また、保育士や幼稚園教諭の資格を持ったスタッフがいるので、気軽に相談できるのもいいなと思いました。


すぐ近くには蓮華寺池公園があり、物足りなかったら、ここでも遊ばせられるのでありがたい。

おしりが痛くなりそうな、ジャンボ滑り台(77m、54m、24mの3種類!)もあります。

藤枝市だけに約250本の藤が植えられていて、藤棚の全長は500m。4月下旬~GWにかけては「藤まつり」が開催されます。

こちらは夏に行った時の。藤棚が日陰になってくれていました。

スタバもあるので、半日は楽しめます!

『キッズパーク』で遊んで、スタバでお茶をして、蓮華寺池公園の散策&ジャンボ滑り台の休日。

うん、なかなかいいですね!次はこのコースで利用しよう。


蓮華寺池公園は元々好きな場所でしたが、娘を通して見ることで、さらに楽しくて大好きな場所になりました。

娘の喜ぶ顔が見れたら、また違う景色になるんだろうなぁ。


【詳細情報】
名称:キッズパーク
住所:静岡県藤枝市本町1-2-1 蓮華寺池公園第2駐車場隣
プレイゾーン利用時間:
 10:00〜10:55/11:00〜12:00/12:30〜13:25/13:30〜14:30/15:00〜15:55/16:00〜17:00
 ※休日は並ぶのを覚悟した方がいいと思います!
料金:無料
休館日:毎週木曜日・年末年始 ※木曜日が祝日の場合は開館、翌日が休館日
HP:れんげじスマイルホール キッズパーク (rengejikidspark.com)

コメント