好奇心手帖

部屋着をやめた理由

こんにちは、ライターの小澤まみです。


部屋着。よく、人に見せられない…という人の話を聞きますが、私もそうでした。

家ではゴロゴロしたいので、ゴロゴロに適した服を部屋着に求めていて。

着心地が良く、肌に馴染んだ服。と言えば聞こえはいいのですが、スウェットにトレーナー。

それも長いこと着て、ちょうどいい感じにくたっとなっているの。

が、外出にはちょっと…宅配業者の人が来たら、少し恥ずかしい部屋着でした(どんなんや)。

出かける時は着替えますが、帰ってきたら、また部屋着に着替える。の生活でしたが、娘が産まれてから、めんどくさくてめんどくさくて…!

ちょっとの散歩でもおむつを替えたり、アウターを着せたり、靴下を履かせたり、となかなか外出できない。

病院に行く時でも、おむつセットや洋服一式(何度も背漏れを経験したので。トラウマ…)は必需品。

少し遠出するなら、なおさら!離乳食とか、おもちゃとか、とにかく荷物が多くて。用意が大変!

帰って来たら来たで、荷物の片付けや娘のアウターや靴下を脱がしたり、おむつ替えが待っています。

減らせるところは減らしたい…と切実に思い、部屋着をやめることにしました。

着替えるのがめんどくさいので、朝起きてからお風呂に入るまで、いつでも外出できる服を着るようにしたんです。

娘との散歩も行きやすくなったし、急な宅配業者さんにも戸惑わなくなったし。良いこと尽くめ。

さらに、外出できる服を着ることは、自分のお気に入りを着ることでもあって。

気分が上がるし、気持ちがシャンとします。

ここ数年で、自分の好きなファッションがわかってきて、クローゼットはときめく服ばかり、というのもあるかもしれません。

それなのに、何でときめかない服を部屋着にしてたんでしょう…

今までの部屋着は全部処分したので、クローゼットもすっきりしました!

部屋着の概念がなくなった、「着替えるのめんどくさい…」という出来事。

好きな服を着続ける毎日でいよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント