好奇心手帖手帖

自分にとって理想の家とは

こんにちは、ライターの小澤まみです。


相変わらず住人十色が大好き。

魅力的な家がいっぱい出てきて、ほんと楽しい!

主(あるじ)たちの生活ぶりが垣間見れて、それぞれのこだわりや工夫に共感したり、驚いたり。

家への愛を感じるし、住むごとに愛着が深まっている気がします。

そんな主たちの理想の詰まった家を見ていたら、「じゃあ、自分にとって理想の家とは?」と思うようになりました。

一軒家、小さくても庭がほしい、日当たり風通し最高、駐車場付き、などなどたくさん出てきますが…

その中でも絶対譲れない1つを挙げろと言われたら、迷わずこれ。

家事(特に掃除)がしやすい家。

さらにもう1つ挙げるなら、省スペース。

前から「家事がしやすい」は重要視していて。

2021年8月28日に住人十色で放送された、京都の山科区の家を見て「これだ!」と理想が明確になりました。

「家族5人で建坪15坪!”あたりまえ”をやめた和コンパクトな家」

タイトルに”コンパクト”と付いていますが、全然コンパクトさを感じられず。

とことん無駄を省いてシンプルで、すっきりしているからです。

ほこりが溜まりにくい上に、掃除がしやすく、ここまで減らしても生活できるのか、と目からウロコ。

特に浴室。棚、鏡、風呂椅子、洗面器、タオル掛けがないんです。こんなに何もない浴室を初めて見ました。

風呂椅子と洗面器はほしいところですが、鏡と棚はいらないなぁ。掃除めんどくさいですよね。

付いているものだと思っていましたが、付けないという選択肢もあったのか。

台所の吊戸棚がなかったり、オールハンガー収納で、洗濯物を畳む手間を省いたり。

カーテンを付けず、障子や簾で目隠しや日よけをしたり。

机になる移動式の押し入れは、なんて良いアイデアなんだろうと1人感動しました。

押し入れの扉を開けたら、机として使えるんです。

新たに机を買わなくてもいいし、スペースで悩まなくてもいいし、ぜひとも取り入れたい。

3人の男の子たちのママは、着物で生活をされていて、それもまた素敵。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シンプルな家に憧れていたのは、家事の負担を減らしたかったから。

私が目指していたのは、ミニマリストではなく、家事がしやすい家でした。

毎日する家事。好きだけど、とことん負担は減らしたい。

この回を見て、 省スペースで家事がしやすい家に住もう!と決めました。

なんなら、主にプロデュースしてもらって、主が依頼した工務店にお願いしたい。

コメント