好奇心手帖手帖

縁について考える

こんにちは、ライターの小澤まみです。



屋号を「京都書縁(しょえん)」にしたこともあり、縁について考えることが多くて。

そんな時見つけた言葉。

私たちは「ご縁に導かれて行動する」ことで、人生はうまくいくようにできているのです。

逆にいうと、誰かと、何かとうまくいかない場合はm「縁がなかった」ということ。

枡野俊明「放っておく力」より

あ~そうだなと思うと同時に、”その時は”縁がなくても、時間が経ったり、環境が変わったりしたら、また縁が結べることもあると思います。

ただ、”今の自分”には縁がなかった。

そう思うと心が軽くなります。

がむしゃらに頑張りがちですが…もう少し流れに任せてもいいかもしれない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメント