Kyotopi-kyotoTOKK-Hankyu
新着

私の温活歴

先日母と話していて、そういえばあることに関してはずっと「整える/調える」ということに力を入れてきたなと思い出しました。それは身体を温めることです。私は油断して身体を冷やしたりしたものなら、その日1日中鼻をかんで終わりというくらい寒暖差アレルギーがひどいからです。特に春先は1度の油断でその後1ヵ月以上苦しむことになり、毎年苦しみながら過ごしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鼻が詰まってぼーっとしたり、かんだらかんだで鼻の下が荒れたり。病院に行っても薬を飲んでもあまり効果がなく、その上鼻炎の薬は喉が渇くのでこれはこれで辛い。他のことに関しては我慢できますが、寒暖差アレルギーに関しては本当にだめで、どうにか改善したくて予防法である身体を温めること(=温活)に力を入れてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温泉を始め岩盤浴にゲルマニウム温浴、よもぎ蒸しや酵素風呂、鍼やお灸、ヨガやジムに通ったり、ストレッチやラジオ体操を続けたり。サプリや漢方薬、ショウガなど食事や飲み物などから摂り入れてみたり。なんだかおばあちゃんみたいですが、ありとあらゆることをしてきました。一時的によくなったものもありますが…めんどくさくなったりお金が高かったりで、今も続けているものはほとんどありません。ストレッチとラジオ体操くらいかな、これらは温活というよりも肩こりの改善や気持ちがいいから続けられている、というのが大きい気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

身体の中からというのも大事ですが、服などで温めることは手っ取り早くて効果が大きいから◎その中でも特に効果があったものをご紹介します。

【腹巻】
今はマタニティ用の腹巻を愛用していますが、何年も前からオールシーズン使用しています。薄手でアウターに響かないものも多いし、シルクだと夏は涼しくて冬は温かいのでおすすめ。それまではお腹が冷たくて心配だったのですが、使用するようになってからポッカポカに。

【5本指靴下】
「全ての靴下が5本指になったらいいのに」と思うくらい素晴らしい。履くだけで足に血液が流れていくのがわかります。家ではさらにカバー靴下も履いてしっかりガード。もっと市民権を得てもいいはず。

【寝る時のマストアイテム、レッグウォーマーと足先用の5本指靴下】
寝ている時にパジャマのズボンが上がってきて寒くて辛かったのですが、レッグウォーマーをするようになってからその心配が全くなくなりました。色々試した結果、私はパジャマの上からはいて、足首から膝下までの長さがある少ししっかりめ(ゆるかったらズレてくるので、あまり意味をなさなかった)がぐっすり眠れます。
靴下を履いて寝るとよくないと聞くので足先用の5本指靴下を使用していますが、案外寝ている時に外れません。血流がよくなるからかむくまないので、翌朝足が軽くてすっきり。

【マスク】
今は必需品のマスクですが、メガネをかけると曇るし、時々かゆくなるしでコロナ禍以前はほとんどつけていませんでした。だから毎日マスクをつけなくてはいけない状況が本当に辛くて…ですが、マスクのおかげか昨年は全く寒暖差アレルギーにならなかったのです。
今まで温活に力を入れてきましたが、そういえば顔はむき出しのまま。マスクをつけたら暖かくて寒さ予防になるなと思っていましたが、寒暖差からも守ってくれていたみたいです。あんなに薄くて効果があるのか怪しんでいましたが(ごめん、マスク)、少なくとも毎年あんなに苦しんでいた寒暖差アレルギーにならなかったのだからすごく効果がありますよね。コロナが落ち着いても、寒い時期は絶対マスクをつけようと誓っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当にちょっとしたことで身体は変わりますが継続することが大切で、さらに言えば簡単であまりお金がかからないことじゃないと難しいと思います。前述したことは無理なくゆるく続けられるので、取り入れてもらえたら嬉しいです。

コメント