ドキッとした言葉。不機嫌は環境破壊

知り合いからのLINEに、ドキッとすることが書かれていました。

本を紹介してくれたのですが、顔に出やすい私には刺さる言葉ばかり。

気を付けます…

心に一点の曇りもない日など、一生のうちに数えるほどしかないのだ。

心の中が何となくモヤモヤしている日の何と多いことだろう。

“にもかかわらず”笑顔で生きる強さと優しさを持ちたいと思う。



私の不機嫌は、立派な“環境破壊”なのだと心に銘じて生きねばなるまい。

私たちは、ダイオキシンをまきちらしてはいないだろうか。

他人、特に子どもたちの吸う空気を、自分の不機嫌で汚してはいないだろうか。

傷つきやすい、柔らかな心を大切に、そんな心しか持っていない自分をいとおしみながら、周囲の空気を少しでも温め、清浄なものにしてゆきたい。


渡辺和子著「目には見えないけれど大切なもの」

コメント