【書くを仕事に!京都ライター塾】参加レポート⑤

とうとう最後となった、江角悠子さんの【京都ライター塾】。

すごく寂しいですが…オンラインサロン(自分で収入を取って参加します!)で、これからもつながれるのが嬉しい。

さらに、みんなで企画していることがあって。自己分析ノートにも書いた「流動的なチームで仕事をする」がさっそく叶いました!

企画を立てて売り込む

5回目の今回は、4回目の課題だった企画書の発表からスタートしました。

私は張り切って、3案提出しました。企画を考えるのがすごく楽しくて!本当に京都が好きなんだなぁ。好きなことだから、あれもこれも…!と、どんどん出てきます。

江角さんに企画書のブラッシュアップをしていただけるのが、【京都ライター塾】の醍醐味!

無料でほしい情報が手に入る世の中。お金を払う価値って?と思うこともあります。

ですが、お金を払うからこそ、自分事として捉えられるんじゃないかな。満足度が全然違います。

実際、人生で初めてというくらい、とことん自分と向き合えました。

【京都ライター塾】に参加中はもちろん、自己分析ノートや課題。これらを通して、今まで考えたこともなかった、やりたいことが見つかったのです。

私は2020年に、京都の下鴨神社で結婚式を挙げました。

縁があって、神社での結婚式となりましたが、周りの友人の中で神社で挙げた人はほとんどいなくて…

絶対!みんなにおすすめしたい、と思うようになったのです。

やりたいことが見つかったのは、江角さんの魔法や自己分析ノートのおかげ!

金運も良くなるし、【京都ライター塾】さまさまです。

先輩ライターの話を聞いて

今回は【京都ライター塾】卒業生の話を聞かせてもらえました。

何もしなくても仕事が入ってくる話にドキドキ…!

自分と向き合う大切さも話されていて、【京都ライター塾】で向き合うことができてよかったなぁ。

自分1人だったら、まだ向き合えてなかったかも…大切さはわかっていはいたのですが、優先順位が低かったので。

また、第6期の方たちに、先輩として自分の経験を話したい!と新たな目標ができました。

第5回目のまとめ

全く何もわからないところからのスタートだったので、毎回知識が増えていくのが嬉しくて。

学ぶって楽しい!

楽しいのですが、学ぶ側からやる側へ。

ライターとしての基礎をしっかり教えていただいたので、今まで学んだところまでやってみなくては。

やらないのは逃げ!整っていなくてもやってみる。

少しずつ、整っていなくてもやり始めましたが、内心は「大丈夫かな…」とハラハラしていて。

江角さんの言葉に勇気をもらいながら、結果で恩返しをしていこうと思います。

直感を選んで良かったって思うんだから、怖くても直感を選ぶ。

怖いはGO。

嫌なことはやらなくていい。

江角悠子さん

本当にありがとうございました!

コメント