【インタビューをしました】好きな時に、好きな場所で、好きなだけ。スポーツ専門の動画配信サービスDAZNの魅力に迫る。

スポーツ専門の動画配信サービス、DAZN(ダゾーン)。数あるスポーツの中でもサッカーに特化していて、Jリーグは独占配信となっている。サービス開始から今年で5年。当初からDAZNを利用しているOさんに、DAZNの魅力を聞いた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2月~12月に開催されるJリーグは、カップ戦なども含めると年間34~約55試合。

「コロナ禍前は年間20試合以上、全国各地のスタジアムへ足を運んでいました。サッカーはもう生活の一部です」とOさん。

「テレビはカメラワークで見る場所が決まっていますが、スタジアムは自分の好きな席で観戦できるんですよね。そこにいる人たちと大声で応援すると、一体感も生まれます。歓声の盛り上がりは、スタジアムならでは」。コロナ禍で外出を自粛中の今、懐かしそうな顔でスタジアム観戦の良さを教えてくれた。

それほどスタジアムに足を運ぶのが好きなOさんが、DAZNに入った理由は?

「スタジアムだと遠くて見えづらかったり、よそ見をして見逃す場合も。そういう時、リプレイや解説がついているDAZNがあると助かります。スタジアムでもスマホですぐに見返せるからです。今まではテレビでも見られなかったJ2やJ3の試合が、フルで見られるようになったのも嬉しい。一生懸命探して取りに行っていた情報が、DAZNだとすぐ手に入るようになったことが1番大きな魅力です」。

さらにいろいろな角度から試合が見られるため、こんな楽しみ方もあるとか。

「問題になった判定について解説をする『Jリーグジャッジリプレイ』は、審判員、ファン、サポーターで考える、これまでになかった審判目線のコンテンツで新鮮。全ゴールシーンを振り返られる『JリーグAll Goals Show』は、ゴールの興奮と感動をたっぷり味わえます。6デバイスまで登録可能なのも良くて。出先でスマホをチェックするほか、家ではテレビの大画面で迫力を感じています」。

サッカー以外には、モータースポーツやバイクなどのエクストリームスポーツも。メジャーなものからマイナーなものまで、月額1,925円で130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

「スタジアム観戦が難しく、家で過ごすことが多くなった昨今。DAZNがあれば好きなスポーツが、好きな時に、好きな場所で、好きなだけ見られます。こういったスタイルで楽しむことができるのは、DAZNならでは。スポーツ観戦好きなら、1度は試す価値あり!です」。

入会はこちら!

コメント